このシリーズ、こんなにハードでしたっけ – ボクのクレームを聞きに来た女が、「何でもします」と言うので文句をつけて勃起したチ●コでやりたい放題ヤッてやった。 12

ボクのクレームを聞きに来た女が、「何でもします」と言うので文句をつけて勃起したチ●コでやりたい放題ヤッてやった。 12

クレーマーに遭ってしまった美人たち…。

「なんでもするって言ったよな…?じゃあ、脱いでマ●コ拡げるんだ。

俺の前で。

何だお前、濡れてんじゃねーか。

この状況で濡れるなんて変態だな!」恥辱に秘肉は泣き濡れ、剛棒の抽送を悲鳴と共に受け入れる。

だがいつの間にかもっとして欲しくなった身体は自ら…。

「ボクのクレームを聞きに来た女が、「何でもします」と言うので文句をつけて勃起したチ●コでやりたい放題ヤッてやった。 12」の本編動画はこちらから

上司役のハメ潮が最高!

男優役の恫喝しているシーンは胸糞悪いので飛ばして良し。

謝罪させられながら喘ぐところはプレーとしては良いかなと思いましたが、これだけならせいぜい☆2程度。

ただし3組目の上司役の「申し訳ございませんでした」と謝罪しながらハメ潮吹きまくる所は☆5!ここだけはとても良かったです。

一応他のコも手マン潮吹きあります。

設定と演技って重要ですね

1人目はM女ぽい女性でひたすら申し訳ございませんと謝り続けるのに、男たちの理不尽で容赦のない叱責が延々と続く。

ただ医療ミスの設定は重すぎるのでもうちょっと金銭がらみの方が見てて楽しい気がしますw2人目はふてくされ気味で演技がいまいちでそそらなかった3つ目は、二人で謝罪に来るパターンだが、眼鏡の女上司がなかなか良かった。

部下の責任を取って全裸になり小便までさせられる。

それを見せられた部下の女にも屈辱的な命令が待っている。

やってることはそれほどハードではないし、女優も可愛いけどそれほど美女でもないけど、設定と演技によって非常に欲情をそそる良作品ができる例ですね

設定が上手い!

女優名:青柳ひなた/小泉まり/萩原美香・りんか設定だと分かっているのに見入ってしまう上手さがある。

このシリーズはいいね!売れているからこそvol.12まで出ているし。

女優さんも男優さんもいい。

不自然さを消せている。

最近の普通ハード系に見飽きてきたアナタ、見てみる価値はありますよ。

DOCいいじゃん

シリーズの中で一番抜けた。

やっぱクレームはココのメーカーが一番いいって思わせてくれるような作品でした。

欲を言うなら、2人目があんまりタイプじゃなかったので星4にしときました。

ハード路線

ちょっと今までとは違う、監督でも変わったかな?何でもしますと言うので、ではなく、言わせるに近い。

開始早々男の怒号が続き、女性はみんな号泣。

過去作品のような説き伏せてという雰囲気はない。

見ていてつかれます。

また、女性のレベルも全体的に過去より低め、放尿あり、4人中2人がパイパンってのもマニアックすぎないか。

路線変更ではないことを祈る。

上司役の雌がよかった

上司役の雌が、机の上でしょんべんするさま。

お目子を広げて、おめこを使ってくださいと何回も懇願する様。

眼鏡をかけており、インテリ感がある。

しかもエロい。

犯したいと思う。

こんな雌上司がいたら犯しまくりたい。

以上オマンコ貴より

出演者

青柳ひなた/小泉まり/萩原美香・凛香。

最低最悪の人格否定

1組目がとてもよかった。

クレーマーの男たちがすばらしい。

相手の弱みにつけこんでとことん言葉で人格否定し、萎縮する女性の心理を徹底的に追い込む。

その場にいたら相当ムカつくであろう卑劣っぷりだ。

クレーマー物の勘どころはこうしたところではないか。

女性が単に怖がって言うことを聞くだけではダメ。

落ち度があるのは女性の方なのだから、全否定されて当然の「汚物」(by男たち)であることを自覚し、いたぶられるのは当たり前のこととして受け止めなくてはいけない。

男たちは「責任を感じて仕事をやめた。

お詫びに何でもする。

」とまで自分を責める女性を、さらに奈落まで蹴落としていく。

最低最悪だが最高である。

強●オナニーのシーンがよかった。

「クソでも性欲はあるのか」「・・・ございます」「どうやって処理している?」「・・・オナニーをしています」「そんな自慰行為にふけっているからミスするんだろう!」無茶苦茶な言いがかりだ。

性欲くらいあるに決まっているし、オナニーして悪いわけもないが、その罪悪感を煽ってさらに貶める。

完全に個人の好みだが、女性のオナニー行為を告白させるシーンは大好物。

ここをもっと突っ込んで日々のオナニーの頻度を言わせたり、「オナニーが大好きです」と何度も言わせたり、屈辱的な格好でさせたりといったネチネチさがあればさらによかったと思う。

女性の演技もよかった。

あまり激しい感情表現だとせっかくの屈辱的な言葉のやりとりがわかりにくくなるが、すすり泣きつつもきちんと男たちとのやり取りが伝わるようにセリフが言えていたし、自己否定の言葉もみじめさが滲んでいた。

素晴らしい女優さんである。

このシリーズは初めてだったが、過去の物も買ってみようかなと思わせる良作。

何気なく買った作品だったが大収穫だった。

顔を隠す必要がない。

嫌いな点。

男優の顔モザ。

そして女優名を明かさないこと。

それでけで、企画が良くても減点だ。

このシリーズ、こんなにハードでしたっけ

このシリーズは何本か見たことあるのですが、その中では一番ハードでした一人目は女一人男二人の3Pで罵倒やらイラマチオやら吹いた潮を舐めさせたりと結構責めてましたただ、最後に口開けて舌出して待ってる女優に一滴も精子を出さなかったのは失笑ですが二人目は普通でしたね 女優も正直イマイチでしたまぁ前のパートと次のパートが濃かったのもありますけどラストは女二人男二人の4P上司に机の上で放尿させたり(どうせなら舐めさせてほしかったですね)部下に上司のケツの匂いを嗅がせたりと羞恥プレイ的な要素がありますどうかなと思ったのはシチュエーション的に謝罪させるのは分かるんですが、SEX中も「ごめんなさい」や「申し訳ありません」を連呼させてて正直鬱陶しかったですね最初に書きましたがこのシリーズを全部見てるわけではないのであまり参考にならないと思いますが、見た中では一番抜けました

「ボクのクレームを聞きに来た女が、「何でもします」と言うので文句をつけて勃起したチ●コでやりたい放題ヤッてやった。 12」の本編動画はこちらから