【時田こずえ】妊娠後の展開が少々単調 – 代理出産の母 時田こずえ

代理出産の母 時田こずえ

私達夫婦はある事で悩んでいた。

そんな最中突然の義母の来訪に驚く私。

すると奥から妻が少し寂しげな顔で現れた。

妻はあることをお願いする為に義母を呼んでいた。

妻は自分が不妊症であることを告げ、代理出産をお願いできないかと義母にお願いした。

義母は驚き私にもそれで良いのかと問い私か頷くと、一瞬考え娘の為と了承した。

義母の体調と排卵日を調べ遂にその日が来た。

私は義母に良いですかと聞くと、義母は静かに頷くと、妻は部屋から出て行った。

緊張しながら義母を愛撫しぎこちない行為ではあったが、義母の中に子種を放出した。

それからほぼ毎日義母との子作りは続いた。

義母に変化が起きたのは3回目あたりだろうか、私を喜ばせようと色々し、義母の口から切ない喘ぎ声が漏れ始めた。

だが義母から行為に関して義務感とか事務的な雰囲気は拭えていなかった。

そこで私は義母にこんな提案をした。

せっかくなので楽しんでした方が妊娠しやすくなるんじゃないですかと。

それから私達はまるで恋人のようにお互いを求めあった。

義母は今までの姿が嘘のように貧欲に私を求め、私も義母へと大量の子種を放出した。

それから数ヶ月、義母は子供を出産し、妻が嬉しそうに抱っこしている。

幸せな時間が過ぎてゆくが、私は義母の体が忘れられなくなっていた…

「代理出産の母 時田こずえ」の本編動画はこちらから

女優名: 時田こずえ

妊娠後の展開が少々単調

このシリーズ、昨今、妊娠するまでをしっかりと描きすぎていて、そのあとの展開が少々単調になっている気がします。

以前の作品には、妊娠後に欲情された娘婿に台所で襲われ欲情してしまうシーンや、娘婿に夜●いしてしまうというようなシーンもあって、子供を作るための娘婿とのセックスで、性に覚醒してしまった母がどんどん、エロくなっていくような展開が良かったのですが、本作では、確かにオナニーしたり、婿に奉仕したりとあるのですが、それも激しさがなく、少々物足りない展開です。

出産後の娘婿との関係も、抑えられない欲情から、家族の不在を見て迫ってしまうというような展開があってもよかったのではないかなと思います。

ただ、出産後の娘婿とのセックスは、始まってしまえば、豊満な肉体で快楽をむさぼるような激しいセックスで、さすがに時田さんという感じ。

子作りという義務的セックスをきっかけに、発情し、淫らな関係に堕ちていくという設定は、この作品ならではですし、女優さんもいいので、それを支えるストーリをもう少し丁寧に描いてほしかったです。

「代理出産の母 時田こずえ」の本編動画はこちらから