【みづなれい(みずなれい), 有本紗世】ストーリが楽しめ、れいちゃんのレズテクも楽しめる – 生き写し美少女姉妹 甦りレズビアン-死してもなお、家族を見守り続ける美しき愛-

生き写し美少女姉妹 甦りレズビアン-死してもなお、家族を見守り続ける美しき愛-

田舎で母と二人きりで暮らす紗世。

紗世には姉が居たが、姉は紗世が生まれたその日に病気で他界してしまっていた。

亡くなった姉の名前は玲。

紗世は玲の生まれ変わりかの様に、年を重ねれば重ねるほど玲に生き写しの様に似てくる。

ある日、母が病気で倒れてしまい紗世は裏山にある山の守り神にお祈りをしに行く。

その時、紗世は不思議な少女「玲」と出会う。

優しく温かな家族愛が生死と時を乗り越えるとき、真の愛が3人を包み込む!

「生き写し美少女姉妹 甦りレズビアン-死してもなお、家族を見守り続ける美しき愛-」の本編動画はこちらから

女優名: みづなれい(みずなれい), 有本紗世

出会いから別れまで感動の数々

まず背景の描写が凄い細かい。

「玲」が幽体として家族を見守っているシーン。

お百度参りしている紗世に偶然を装って出会うシーン。

Hのシーン。

紗世、玲。

お互いを見ている時の表情等。

Hのシーンも細かくて興奮しました。

3回目は勿論、1回目の玲が一方的に責めているシーンも含めて。

お互いの頬が真っ赤になって目がトロンとしているように見える所や阿吽の呼吸があるかのような動き。

もしかしたら台本じゃなくて台本無しの自然の動きもあるのでは、って位でした。

勿論H以外のお二方の細かい描写に見事に応える迫真の演技。

も良かった。

感動しましたね。

最後の別れのシーン「幽体」と「実体」の関係にして悲劇的な別れにしなかったのは流石だと思いました。

映像見るとホント感動します。

レズ行為そのものも興奮しますし、「ドラマ」としても十分楽しめる見応えのある作品。

多くの方に見てもらいたいですね

ストーリーが長い

ストーリー部分が長すぎる。

その分絡みの部分が短くなってしまっている。

ただストーリー部分の完成度は高くドラマとしても見れる。

残念なのはみづなれいの着衣度が高いこと。

最初の絡みでは完全に服を着たまま

れいのレズテクにメロメロの紗世

ドラマパートが長いですが、レズに感情移入するためにも最初は飛ばさずに観たほうがいいです。

母の看病を通して玲と紗世の仲が進展していくストーリーですが、それだけだとちょっと弱いかなという印象です。

二人の絆が深まるイベントがもう一つ二つ欲しかったところ。

BGMの使い方もうまいですし女優さんの演技もまあまあ(なにげにお母さん役の演技がうまい!)、AVのドラマとしてはレベル高いと思います。

レズプレイは濃厚で本気度高いです。

特に前半、玲のディープキスと言葉攻めを交えながらの攻めに、紗世が初々しい反応をみせながらもメロメロになっていく様は興奮します。

後半は紗世も積極的になっていきますが逆に役割が中途半端になった印象。

また、ストーリー上しかたないですが、3つのカラミすべて和室で布団の上なので飽きます。

総評として、ドラマ物の力作だがもう一歩といったところです。

泣けるAV こんな作品を待っていた!

有本紗世、みづなれい共に出演作品を見るのは初めてですが、ストーリーがある他のAVと比較しても、すばらしい作品です。

他の方も書いていますが、ドラマシーンは飛ばさずに見ることをお勧めします。

母親役の女優さんの演技力もすばらしく、娘役2人を引き立たせています。

紗世と玲の初対面での紗世のとまどいの表情、玲の紗世への愛情表現、レズでイッた後の姉妹のまどろみ、などが特に印象的です。

レズプレイも道具を使わず素手である点が、古風な木造の家とマッチしていて◎クライマックスでは、親子、姉妹、(特に玲と母)の思いやり、別れの寂しさと辛さに泣けました。

白虎監督の美しい秀作だ!今後も美しい作品を期待する!

最近のAVは粗製濫造で不愉快な作品が多い。

女優も薄汚いストーリーでかわいそうになる。

以前は女優の持つ演技力や個性を尊重した作品があった。

この作品は白虎監督が苦労しただけあって、肉欲的な次元に描きがちなレズビアンを愛と神秘の聖なる世界に昇華した秀作だ。

レイが発表イベントで「お母さんもっと何かやることなかったの?」と発言していたが同感だ。

歴史に残る名作にするなら三人の母娘の聖なるレズビアンを描けただろう。

3Pが肉欲の世界でなく、美と精霊と愛という三位一体のロマンとして描けたろう。

ぜひ発展版を作ってほしい。

母役のヌードや演技は3Pの場合、全編を幻滅させるか神聖な儀式と描けるか生命線となるだろうが、この母親役は演技力は備わっている。

表面的な中年の肉体でなく、内面的な愛の化身として描ければ、「スピリチャルポルノ」の新たなマーケットを開拓できるだろう。

多くの人々はこういうロマンを求めている!

カメラ寄りすぎ。

カメラが寄りすぎで、絡みの最中、顔のアップばかり映している。

せっかくの制服レズが、全然拝めない。

しかも、制服脱いで全裸になると、カメラが引いて全身を映す。

まあ、コスプレや制服モノとは銘打ってないので、騙されたわけではないですが…スタッフが、制服嫌い・着エロ嫌いなのは分かりました。

着エロが好きな私には、残念な内容でした。

ストーリが楽しめ、れいちゃんのレズテクも楽しめる

母と二人暮らしで紗世と死んだ姉さんのれい(玲)とのプレイはじめは、幽霊の感じでれいが二人を見守りながら始まるお母ちゃんが倒れて神社でお参りお願いするうちにれいちゃんと出会える1夢の中でレズプレイがスタートキス~れいちゃん指マン責め添い寝してひとまず終了2縁側~部屋で二人ともツインテールでキスれいちゃんがぺろぺろクンニして四つん這いさせて激しいクンニにイク紗世シックスナイン~相互指マン3レズその2激しいべろちゅう~シックスナインれいちゃんは四つん這いさせておまんこ、アナル舐めまくりの猛攻撃貝合わせそこえお母ちゃんが来て感動の再開そして消えて・・・黄泉がえりで死んだはずのお姉さんのれいがお母さんと妹紗世に会いに来てレズして消えると言うストーリーストーリが楽しめ、れいちゃんのレズテクも楽しめる優秀作

「生き写し美少女姉妹 甦りレズビアン-死してもなお、家族を見守り続ける美しき愛-」の本編動画はこちらから